No.1クラウド型テレフォニーサービスBIZTEL

お電話でのお問い合わせ
(平日9:30~17:30)

ご検討中のお客さま

操作方法・障害連絡

業務ラベル

お客さまからの着信に紐づく業務を判別するために、
個々の通話に「業務名称のラベル」を付与します。

特長

特長1

ラベルで業務内容を判別。管理工数の削減に

電話番号ごと、IVRの分岐ごとに業務名称のラベルを付与することができます。例えば「サービス申し込み」専用番号に着信した場合は「業務ラベル:サービス申込」が付与されるという設定をすれば、オペレーターは受電時にどの業務に関する着信なのかを判別できます。コールセンター数を増やすことなく業務内容が判別ができるため、管理工数が大幅に削減できます。

特長2

業務ラベルごとの集計でレポートがより便利にわかりやすく

稼働状況モニタリング・コールセンターレポート・エージェントレポートでは、業務ラベルごとの集計が可能です。特定の「業務ラベル」で絞り込んだ通話状況やオペレーターの業務対応状況を確認することができます。

画面イメージ・機能

管理画面

業務ラベルは管理画面から設定ができます。設定方法は「特定の電話番号に着信したら業務1と見なす」「特定のIVR分岐に至ったら業務2と見なす」という2つの方法があります。業務ラベルに紐づくガイダンスを流すことも可能です。

ソフトフォンの着信ポップアップに業務ラベルを表示

ソフトフォンの「着信ポップアップ機能」に業務ラベル名と着信経路が表示されるため、お客さまの用件を着信時に確認した上で応対できます。

稼働状況モニタリングの業務ラベル単位での集計

特定の業務ラベルで絞り込むことで、業務ラベルごとの稼働状況を確認することができます。

レポートの業務ラベル単位での集計

コールセンターレポート・エージェントレポートは特定の業務ラベルで絞り込むことができるため、業務ラベルごとの通話状況の振り返りができます。