No.1クラウド型テレフォニーサービスBIZTEL

お電話でのお問い合わせ
(平日9:30~18:30)

ご検討中のお客さま

操作方法・障害連絡

BIZTEL コールセンター

利用シーン

クラウドならではの柔軟性で、業種や規模を問わずさまざまなシーンで
業務効率化を支えます。

問い合わせ窓口を簡単・スピーディに開設したい

スモールスタートから事業拡大までをカバーする多彩な機能が標準装備

問い合わせ窓口業務に必要な機能はすべて標準装備。インターネットとPCがあれば最短5日で窓口業務が開始できます。1席から導入できるので、部門ごと/拠点ごとなど、スモールスタートで始める企業も多数。事業成長に合わせてどんどん拡大できる柔軟性も選ばれる理由のひとつです。

そろそろクラウドに移行したい

オンプレミスからBIZTELへのリプレイスはとっても簡単

システムの老朽化や保守切れのタイミングでオンプレミスからクラウドへ移行する企業は多数。設定変更のたびに積み重なる追加コストと無縁に。導入・運用コストは大幅削減でき、柔軟性や操作性もアップ。導入の手間が少なく、ハードウェアの管理も不要なのでシステム担当者にも喜ばれます。

複数拠点運営・在宅勤務・BCP対策を行いたい

多様な働き方や災害対策を効率よくコストを抑えて実現

入電量の分配や統計レポートなどを一元管理できるため、複数拠点でのセンター運営が効率よく低コストで実現できます。サテライトオフィス・在宅勤務・ワーケーションなどさまざまな働き方が実現。災害時には受電を他拠点に引き継ぐことができるので、BCP対策としても多く使われています。

セキュリティ対策をしっかりしたい

国内唯一、FISC・PCI DSS準拠など高レベルセキュリティプランも用意

標準機能の IPアクセス制限に加えて、閉域型VPN経由の接続・不正侵入防御・ディスク暗号化など、セキュリティレベルをさらに高めるためのオプションを用意。クラウドで唯一、FISC・PCI DSS準拠が可能です。金融機関など高いセキュリティレベルが必要な企業でもクラウドでのセンター運営が実現します。

CRMやSFAと連携して業務効率化したい

Saleceforce・kintone・Zendeskなどの各種CRM/SFAをはじめ、独自開発システムとも連携可能です。

顧客情報の一元管理と業務効率化に欠かせないCRM連携。入電時に顧客情報がポップアップ表示する「着信ポップアップ」を利用すれば、顧客情報の検索の手間が省け作業効率が大幅改善します。Saleceforce・kintone・Zendeskなどの各種CRM/SFAをはじめ、独自開発システムとも連携可能です。

アウトソーサーとのセンター運営を強化したい

BIZTELをアウトソーサーと共同利用し、スピーディーに応対品質を改善

アウトソーサーとBIZTELを共同利用することで、別々のオフィスにいながら応対状況をリアルタイムで可視化・共有でき、スピーディーかつ双方向での改善が実現します。応答率の向上やクレーム数の削減など、効果が数値に現れている企業も多数います。

アウトバウンド/インサイドセールスで使いたい

架電効率を上げて攻めのコールセンターへ

CRM/SFA/MAの顧客情報画面からワンクリックで発信ができる「クリックトゥコール」を使えば架電効率が大幅アップ。発信NGのお客さまに対して不慮の発信を防ぐ「発信フィルタリング」はトラブル・クレームを防止でき便利。可視化と効率化で攻めのコールセンターを構築できます。

音声認識AI/音声テキスト化システムを活用したい

業務効率化をさらに加速させるテクノロジーが手軽に

さまざまな音声認識/音声テキスト化システムと連携できるのもBIZTELの特長のひとつ。応対履歴のテキスト化、要約、ナレッジ検索などの機能はオペレータの業務負荷軽減だけでなくセンター全体の業務効率化を促進します。最先端テクノロジーとBIZTELを繋げれば未来型コールセンターも夢ではありません。